借地権の相続

借地権は、土地を誰かから借りて、そこに建てた建物の所有権を得るための権利です。借地権は地主と契約を結び、定められた契約期間に応じて更新したり、建物を引き払って更地にするといった作業が必要となります。中には現在定められている借地借家法ではなく、旧借地法に基づいた契約を結んでいることもあるので、その場合は、契約更新の仕組みなどが変わってくるので、それに応じた対応が求められます。土地を最初から所有しているなら、借地権についての知識もあるでしょうが、遺産相続などで借地権を相続した場合は、新たに契約内容などを再確認しなければなりません。

借地権の相続することになった場合、建物をどう取り扱っていうか改めて考える必要があります。仮に借地権を売却しようとする場合、自分だけ出なく地主との相談も必要になりますし、契約の途中で売却する場合、契約ではどういう取り決めになっているかなど、改めて借地権についての情報を調べる必要があります。地主と親交があるなら、借地権を相続することになった際に、今後の契約について相談しておくのも良いかもしれません。

相続した借地権の扱いについては、自分たちだけで悩まずに、弁護士などに相談するのも一つの手です。大きなトラブルになる前に、早いうちから弁護士などに相談しておけば、今後どのように対応するべきかも知ることが出来るでしょう。借地権の売却についても、円滑に話が進むようにサポートしてくれるので、基本は専門家に任せるようにしたほうが安心できます。