知識を持つために

借地権を所有している場合、地主の土地を利用して建物を建てることが出来ますが、遺産相続などで借地権を得たものの、新たに建物を建てる気はない場合、売却して収入を得ることが出来ます。借地権は売却することが可能で、専門の不動産屋などでは、借地権つきの住宅についての情報が多く掲載されています。ただし、借地権を売却できるかどうかは、地主の許可が必要となるので、円滑に話を進めるためにも、必要な知識は持っておきましょう。

まず借地権の売却を検討する際は、早めに地主に借地権を相続したことを得伝えておきましょう。借地権の相続自体は、地主を介さずに自由に行うことが出来ます。気づかないうちに借地権が相続されて、相談もないまま売却されるような状況は、相手の心象を悪くしてしまい、許可を取ることも難しくなる可能性が高いです。そうしたトラブルを起こさないためにも、借地権を相続したときのために、基本的な知識を持てるように、法律事務所などに相談するようにしましょう。

不動産の相続など、金銭トラブルに発展しやすい法律トラブルが、多くの法律事務所で取り扱う案件です。借地権の相続や売却についても、多くの方が相談してくるので、借地権についての基礎知識や、売却先についての情報など、知っておきたい基礎知識の多くを得られます。もっと詳しい情報を聞くためにも、なるべくなら早い段階で情報を集めたいところなので、遺産相続が行われる際は、まず弁護士に相談しておくのをオススメします。