専門家に相談

遺産相続で何かしらの財産を受け取ることはあるでしょうが、中には借地権を相続する方もいるかもしれません。借地権は、契約を結んだ方の土地に建物を建てて、それを所有することが出来る権利で、契約期間までの間は、建物を建てた土地をある程度自由に使用することが出来ます。もし借地権が不要であれば、売却することも不可能ではないのですが、いざ借地権を売却するとなると、いくつかの問題を解消する必要があるので、きちんと専門家に相談しましょう。

まず借地権を売却する際は、地主に相談して売却を許可してもらう必要があります。借地権を所有している方の中には、地主との関係によって借地権を所有していることがあるので、借地権が誰かの手に渡ることを良しとしない方も少なくありません。そういう事態を防ぐためにも、法律事務所などに相談して、売却させてもらえるかどうか説得することが出来ることがあります。もちろん借主と貸主との人間関係にもよるので、事前の相談や時間をかけた話し合いも必要になるでしょう。

専門家に相談するなら、なるべく早めに行動しましょう。借地権を相続してすぐに、更新の期日が迫ってきた場合は、下手をすると借地権を失うことにもなりかねません。そうした事態を防ぎつつ、借地権の詳しい契約内容を把握するためにも、専門の法律事務所を利用したり、無料相談などのサービスを利用しましょう。不動産の売却についてのレクチャーも行っているので、売却する際に起こりやすい問題についても早めに教えてもらい、正しい対処法を学んでみてください。

≪参照サイト≫ピタットハウス – 借地権の相続無料相談