知識を持つために

借地権を所有している場合、地主の土地を利用して建物を建てることが出来ますが、遺産相続などで借地権を得たものの、新たに建物を建てる気はない場合、売却して収入を得ることが出来ます。借地権は売却することが可能で、専門の不動産屋などでは、借地権つきの住宅についての情報が多く掲載されています。ただし、借地権を売却できるかどうかは、地主の許可が必要となるので、円滑に話を進めるためにも、必要な知識は持っておきましょう。

まず借地権の売却を検討する際は、早めに地主に借地権を相続したことを得伝えておきましょう。借地権の相続自体は、地主を介さずに自由に行うことが出来ます。気づかないうちに借地権が相続されて、相談もないまま売却されるような状況は、相手の心象を悪くしてしまい、許可を取ることも難しくなる可能性が高いです。そうしたトラブルを起こさないためにも、借地権を相続したときのために、基本的な知識を持てるように、法律事務所などに相談するようにしましょう。

不動産の相続など、金銭トラブルに発展しやすい法律トラブルが、多くの法律事務所で取り扱う案件です。借地権の相続や売却についても、多くの方が相談してくるので、借地権についての基礎知識や、売却先についての情報など、知っておきたい基礎知識の多くを得られます。もっと詳しい情報を聞くためにも、なるべくなら早い段階で情報を集めたいところなので、遺産相続が行われる際は、まず弁護士に相談しておくのをオススメします。


専門家に相談

遺産相続で何かしらの財産を受け取ることはあるでしょうが、中には借地権を相続する方もいるかもしれません。借地権は、契約を結んだ方の土地に建物を建てて、それを所有することが出来る権利で、契約期間までの間は、建物を建てた土地をある程度自由に使用することが出来ます。もし借地権が不要であれば、売却することも不可能ではないのですが、いざ借地権を売却するとなると、いくつかの問題を解消する必要があるので、きちんと専門家に相談しましょう。

まず借地権を売却する際は、地主に相談して売却を許可してもらう必要があります。借地権を所有している方の中には、地主との関係によって借地権を所有していることがあるので、借地権が誰かの手に渡ることを良しとしない方も少なくありません。そういう事態を防ぐためにも、法律事務所などに相談して、売却させてもらえるかどうか説得することが出来ることがあります。もちろん借主と貸主との人間関係にもよるので、事前の相談や時間をかけた話し合いも必要になるでしょう。

専門家に相談するなら、なるべく早めに行動しましょう。借地権を相続してすぐに、更新の期日が迫ってきた場合は、下手をすると借地権を失うことにもなりかねません。そうした事態を防ぎつつ、借地権の詳しい契約内容を把握するためにも、専門の法律事務所を利用したり、無料相談などのサービスを利用しましょう。不動産の売却についてのレクチャーも行っているので、売却する際に起こりやすい問題についても早めに教えてもらい、正しい対処法を学んでみてください。

≪参照サイト≫ピタットハウス – 借地権の相続無料相談


借地権の相続

借地権は、土地を誰かから借りて、そこに建てた建物の所有権を得るための権利です。借地権は地主と契約を結び、定められた契約期間に応じて更新したり、建物を引き払って更地にするといった作業が必要となります。中には現在定められている借地借家法ではなく、旧借地法に基づいた契約を結んでいることもあるので、その場合は、契約更新の仕組みなどが変わってくるので、それに応じた対応が求められます。土地を最初から所有しているなら、借地権についての知識もあるでしょうが、遺産相続などで借地権を相続した場合は、新たに契約内容などを再確認しなければなりません。

借地権の相続することになった場合、建物をどう取り扱っていうか改めて考える必要があります。仮に借地権を売却しようとする場合、自分だけ出なく地主との相談も必要になりますし、契約の途中で売却する場合、契約ではどういう取り決めになっているかなど、改めて借地権についての情報を調べる必要があります。地主と親交があるなら、借地権を相続することになった際に、今後の契約について相談しておくのも良いかもしれません。

相続した借地権の扱いについては、自分たちだけで悩まずに、弁護士などに相談するのも一つの手です。大きなトラブルになる前に、早いうちから弁護士などに相談しておけば、今後どのように対応するべきかも知ることが出来るでしょう。借地権の売却についても、円滑に話が進むようにサポートしてくれるので、基本は専門家に任せるようにしたほうが安心できます。